大手銀行ならではの使いやすさと低金利が魅力|三井住友銀行のカードキャッシング

事業性資金以外の使いみちでお金を借りるなら、三井住友銀行カードローンが使いみち自由となっていておすすめですが、近ごろのフリーなローンは足利銀行を例に利用目的が自由となっているケースが殆どであり、アドバンテージとしては成りたちません。

金利面でも三井住友が貸出金利ですごく低いと言えるでしょうが、多くの銀行カードローンはほぼ同等の金利を設定しています。そこで、三井住友銀行カードローンは強みは何かというと都市銀行として経営が安定していることとネームバリューです。
類似商品が売られているのだったら、既知の商品に手をのばすのが人間の普通の心理です。

次に使いやすさの部分でも三井住友銀行カードローンは全国に数多くある契約機で家族や知人に内緒で、当日の間に申し込みから借入までができてしまいます。これは大切なポイント(ここを押さえるかどうかで上手くいくかどうかが決まったりします)ですね。ネット申込やWEB完結サービスは他銀行も行っていますが、自動契約機の数をこれほど充実させているのは、ごく一部の大手銀行ぐらいです。

お金を借りる場合に一番大切なことは何だと思いますか?
一番初めに気になるのは審査結果がどう出るかです。審査に落ちれば借りられないのですから、それは当たり前のことではあるのですが、同時に金利をしっかり確認することも大切です。借りられれば金利が少しぐらい高くてもしかたないという考え方は危険です。

もしこれから申し込みを検討しているなら銀行のカードローンを利用するという選択肢もあります。その中でも、三井住友銀行のカードローンは金利が4.0%から14.5%という非常に低金利設定ですので利息分の返済を抑えることができます。

ですから他社からの借り換えとしても利用できるので高金利で支払いを行っているならここで金利の節約をお勧めします。他の銀行やネット銀行でも低金利ですが、メガバンクならではの信頼性と古くからの信用が三井住友銀行カードローンの一番の人気のわけなのです。

カードローンは使いやすさが第一です。そういうことで言うと三井住友のローンは、使いやすさとパフォーマンスの両面で理想的なカードローンといえます。審査時間は銀行系では最も早く、消費者金融に負けずとも劣らない早さです。ATMと自動契約機は全国に設置されているので契約や融資を受けることができるので安心して利用できます。

使いやすさではネット系の銀行もよく三井住友と同じぐらいですが、ネット銀行は安心感が少なく三井住友銀行ほどは借りれません。地銀は金利が魅力的ですが、住所や勤務地に条件があり、銀行口座を開設する必要が必要となるため、利用が出来ないところが痛いです。

このようなことから他都市銀行や地方銀行と比較した際、メガバンクの一角である三井住友銀行が提供するカードローンはお勧めです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です